でけえ!エレコムの大玉トラックボールHUGEを買いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

せろりんです。

おれはトラックボーラーで、長らくM570を使っていたんですが、最近エレコムのHUGE M-HT1DRBKを買ったのでレビューします。

大玉で多ボタン、トラックボールエクスプローラーみたいな形で無線まで選べるということでトラボ業界大注目の新作トラックボール。その実力はどんなもんなんでしょうか。

開封するぞ

パッケージです。テンキーと比べると縦も横も奥行きも結構でかいですね。右上の黄色い部分を開くと、

このように扉が開きます。ちょっと特殊な感じのパッケージですが、箱はわりと簡単に開封することができます。

何処クールとは言いませんが、某社はパッケージがめちゃくちゃ複雑で、箱を破損せずに開封することがほぼ不可能なパッケージングだったりするので、それと比較するととても好感が持てますね。素晴らしいです。

付属品は保証書説明書と無線の受信機です。

けっこうデカいけど扱いやすいぞ!

形はトラックボールエクスプローラーを野暮ったくした感じです。メカっぽくていいですね。おれが女の子だったらこんなパソコンオタク丸出しのデバイス使ってる人とは付き合いたくないです。

キーボードは普通のサイズの安物なんですが、それと比べるとデカさがわかりますね。

重厚長大は流行らなくなり軽薄短小にシフトして久しいという時代にHUGEとか言ってデカさをガンガンアピールしてくる根性は謎ですが、そうは言ってもエキスパートマウスあたりと比べると机の占有面積は似たようなもので、歴代の大玉トラックボールと比較するとそんなアホみたいに場所をとるわけでもないと思います。横にはスリムですから扱いやすいサイズですし、でかいにはでかいんですが良いでかさです。

さらに言うと、コイツ筐体はでかいんですが、トラックボールはマウスのように筐体自体を上下左右に動かす必要がないのでマウスより実質的には圧倒的に省スペースです。

Amazonにて6500円くらいで買いました。有線のやつと無線のやつがあるんですが、これは無線のやつです。有線のほうは4500円くらいなんで2000円差です。

定価は15,347円ということになってますが発売して一瞬で6000円台になりましたね。意味のない定価つけるのやめちまえって思います。悪習です。

無線を買え!

これが無線の受信機です。小さくていいですね。

無線バージョン買ったんですが、無線だからって何か有線と比較して劣るところがあるかというと(価格以外は)一切ないです。ラグは全くないですし、電池も毎日ハードに使っていても3,4ヶ月持つわけです。実感として有線マウスと安定性や信頼性で一切差がありません。本当に素晴らしいことです。

HUGEはけっこうデカいので、無線のほうを買って机の上すっきりを狙いましょう。2000円アップは痛いんですが、おれは無線厨ですし、安い方買って後悔するのもキツいので、だいぶ悩んだ末に無線のほうを買いました。

キーボードの横やキーボードの手前、膝の上などいろいろな場所、いろいろな体勢で操作できるのがトラックボールの良いところなので、線があると邪魔で仕方ありません。必ず無線を買いましょう。

多ボタンは正義!

HUGEの現代っ子なところは、この多ボタンっぷりです。左側だけでもかなりのボタンが付いていて、5ボタンプラス中ボタンとチルトホイール左右まであります。

さらにカーソルの感度をLOW MID HIGHの3段階で調節できるスイッチもついてます。このスイッチはおれは使わないんですがいたれりつくせり感があって好きです。おれは使わないのでなにか別のことにも使えるといいという感じもあるんですがね。

欲を言うとホイールが高速ホイールなら完璧なのになって思います。

右側はこの通り、トラックボールエクスプローラーみたいにボタンが2つついています。

トラックボールエクスプローラーは中ボタン(ホイールクリック)込でトータル5ボタンなので、HUGEの8ボタン+チルト左右はやっぱりボタン多いなーって感じますね。ボタン配置もトラックボールエクスプローラーと概ね同じなので正統進化だなって感じです。

ちなみにボタンは推し心地良好、位置も概ね良いかなといった感じです。右側に付いてる2つのボタンは、普段あまり使わない薬指と小指で操作するので若干慣れが必要かな?とも思いますが、慣れれば余裕です。人間を入力機器に合わせろ。

エレコムのマウスアシスタントというソフトでボタンの設定を変えることができます。飾りっ気のない無骨なソフトで普通に使いやすくて好きです。イマドキのドライバソフトってなーんかデザインだけ出来損ないのiTunesみたいに半端に凝ってて、そのくせ動作は重くUIもクソというろくでもないのが多いのでこういうシンプルで軽快なのはいいですね。

おれのボタン配置はこれです。特徴というと小指のボタンのところにホイールクリックを割り振っています。なんでかっていうとこのトラックボールは中ボタン(ホイールクリック)がメッチャ重い上に、横のほうに付いているから力が入れにくく、超使いにくいからです。

ホイールは最悪!ナメてんの?

そう、このホイールがなかなか曲者なんですよね。まずホイールクリックが重くて押しにくいんですよ。ただでさえスイッチの荷重が重めになっている上に、さらにホイールが横のほうについてるから力が入りにくく、ドッコイショって言いながらちょっと頑張って押さないと押ささって(方言)くれません。もっとずっと軽くしないと全然だめですね。

いまどきのブラウザって、リンクを中ボタンでクリックすると新しいタブで開く、タブを中ボタンでクリックするとタブを閉じる、みたいな中ボタンを多用する作りになっているので、ネット中毒のおれとしてはホイールクリックがメッチャ重いというのは結構致命的なんですよね。

ということで、ホイールクリックを常用することは諦めて小指ボタン(一番右側のボタン)に中ボタンを割り振ってますが、結構イケてる配置だと思ってます。小指ボタンに中ボタンを割り当てておけば、慣れれば何も考えずに軽々中ボタンを押せるので便利です。ホイールはクソですが、工夫でしのげないわけではないです。本当はこんなめんどくさいことしたくないんですがね。

それとホイールについての文句はまだあって、買ったばかりのときはホイール回すとなんかガリガリと引っ掛かる感じがあったんですよね。5日くらい使ったら引っかかりがなくなって普通に使えるようになったので一応許すんですが、いつ再発するかわからない爆弾を抱えたまま使うのはちょっと不安です。再発したとしてもちょっと不快以外に実害はないんですが、エレコムお前またしくじったのか~~~~って感じです。

そんでホイールは回したときの質感もいまいちで、安物感が半端じゃないです。ホイールクリックをするとギシギシ言いますし、ホイールの質感に関しては、百均のマウスですか?っていうのが率直な感想です。他のクオリティがいいだけに、ホイールの最悪さが際立ちます。

パームレストはヤバそう?

曲者というとここもそうですね。パームレストがフッカフカの低反発素材になっています。アホヅラでなんも考えずに使っている限りは、使ってて心地よく、疲れも軽減されていいんですが、ちょっと手汗かいてくると邪魔で、コイツ無い方がいいかもなーと思います。

あとこういう素材は、ずっと使ってるとヘタって不潔になったり、臭いがしてきたり、ボロボロになってきたり、フカフカ感が消えたりしそうなので耐久性が心配です。耐久性は何年か使ってみないとわからないわけですが、脱着可能にして替えを売ってくれればいいのになーと思うんですが。

2018年7月追記

1年弱くらい経ったわけですが、パームレストはいまんところ問題ありません。購入時と比べるとちょっとヘタって反発感が弱くなってきたかな?って感じもしなくはないですが、はっきりわからない程度なのであんまり大したことはないでしょう。臭いがするということもなく、そうなる気配もありません。おれは手汗レベルは通常くらいで、1日平均8時間くらいパソコンをいじるヘビーユーザーなので、1日3時間くらいしか使わないユーザーだったら数年は心配いらないということになるわけです。マウスの寿命って通常数年程度なので数年持てば問題ないことになります。不安っちゃ不安なんですが十分な耐久性のパームレストだと思います。

大玉トラックボールは正義!

ボール外すとこの通りで、支持球がルビーになっています。今時のトラックボールってみんなルビーですね。堅実でいいんですが欲を言うとベアリング支持だと最高だったんですがね。あれはあれで手入れめんどいしうるさいからしゃーないというのも理解はしてるんですが。

ボールは直径52ミリとかなりデカく、超動かしやすいです。やっぱり大玉は正義ですね。玉の引っかかりなんかは全くないです。

大玉なトラックボールなんですが、あまりそのことを意識せずに手足のごとく使えるトラックボールでもあります。細かい動作とダイナミックな玉の運動を両立する大玉トラックボールでありながら、玉が暴れる感じなんかも全く無く、とてもよくできた設計の傑作大玉トラックボールだと思います。

某ワ某プライの安物トラックボールにありがちな、ちょっと高速で玉を転がすとセンサーが玉を見失ってカーソル動かなくなる、みたいな症状も全く無く、極めて堅実に作られているトラックボールだなと思います。

こいつ現在家にある唯一の他のトラックボールです。ホコリかぶってたところ引っ張り出してきて久しぶりに転がしてみました。ベアリング支持なんですがやっぱベアリングは細かい動作がめっちゃやりやすくてとてもいいですね。ゴロゴロ言って気持ちいいですし。HUGEはルビー球支持なので湿度とかボールの油加減によって若干細かい操作でカクつくときがあってなんだかなと思わないでもないです。ベアリング版も出してくれたら絶対買うんですがね。

あと、でかいと言ってもこうやって比較すると、やっぱ人差し指操作のトラックボールの中ではそこまででかい方でもないかなと思います。おれは手の大きさ成人男性の中だと普通くらいだと思うんですが、手に余るって感じはそんなに無いかな、と思います。

HUGEは、はじめは一番右側にある2つのボタンがちょっと遠くて押しにくいかな?と思ったんですが、慣れると余裕で押せるようになります。レビュー見るとでかすぎて手に余るって言ってる人が多いんですが、そういう人は手のポジションが手前すぎるのかもしれませんね。もうちょっと奥を持てば余裕で全てのボタンに指が届きます。

そういうとこだぞエレコム

エレコムというとおれの中ではサンワサプライ並の低クオリティで有名な会社ですが、外側はホイール以外特に問題ありません。ところがどっこい気を抜いたなエレコム、電池ボックスのここ、上の赤いマルで囲ったところだとちゃんと四角に切れ込み入ってるのに、下のほうはちょっと欠けて四角じゃなくなっています。なんで欠けてるんですかね。謎ですよね。ネットで同じ指摘してる人がいたので、コイツだけの問題ではなく、製造工程に問題があってさらに検品もザルということなんでしょう。あるいはこういう仕様なのかもしれません。

ウームこんなの実害は全然ないんですが、やってくれたなという感じです。実害ないので大目に見たいところですが、よいプロダクトというのは細かいことの積み重ねの上に成り立つものなので、こういうところで手を抜く会社はやっぱり他の部分も信用できなくなってくるよな、という気持ちもあります。

せっかくコンセプトが2京点なわけですから、どうせならディティールにもこだわってほしかったと思わざるをえません。トラックボール業界では6500円はミドルレンジの値段ですが、マウス業界では高級機の値段です。高級マウスと同じ値段で勝負する以上は普段は見えないところや細かい質感にこだわってほしかったと思います。うーん使ってたら絶対見えない部分だし、べつにいいっちゃいいんですが。

2018年12月追記:耐久性も良さそうだぞ

記事を公開して1年ちょい経過しました。おれは1日8時間くらいパソコンをいじっているヘビーユーザーなんですが、今のところぶっ壊れは発生していません。1日2,3時間しかパソコンを使わないユーザーであれば数年は持つことになります。マウスは数年が寿命なので、それを考えると今の時点で判断するとしても悪くない耐久性だと思います。

パームレストは、ほんの少しへたって反発感が弱くなったかも、と思わなくはないですが、新品と比較してみないとちょっとわかりません。その程度なので、パームレストのヘタリはそこまで気にしなくて良いんじゃないかと思います。手汗で不潔になって匂いがする、みたいなことは一切ありません。

ぶっ壊れたわけではないんですが、気になるのはボタンのギシギシ感です。左クリックやホイールクリックを押すと筐体がギシギシ言います。安いマウスに特有の現象ですが、毎日使っているとわりとストレスです。

HUGEのホイールクリック硬すぎ問題は、使っているうちにバネが柔らかくなったのか知りませんが、多少マシになった気がします。これは気のせいかもしれませんし、慣れただけかもしれません。不明です。でもまだちょっと重いので、常用する気にはなれません。マジで作り直してほしいです。

傑作トラックボールだぞ!

全体的にメッチャいいのは間違いないんですが、だからこそ悪いところがちょっと目立つ感じもします。でもそこまで言っちゃうとバチが当たるわけで、十分名機になりうる出来だと思います。入力機器に100点は無く、どんな良いトラックボールにだって何かしらの欠点があるのはこれはもう宇宙の法則なのでしょうがなくて、電池ボックスの造りが微妙とか言ってケチを付けているおれの性格のイマイチさを実感しています。ホイールは本当になんとかしてほしいですが。

いろいろケチつけましたが正直言ってこれ出してくれたエレコムはグッジョブ、この調子でガンガン新しい機種出してほしいですね。結構厳しいことも言いましたがこれはエレコムのルーターを買ったら品質が糞すぎたことへの報復に他なりません。

そういうわけで、サンワサプライが新しいトラックボールあまり出してくれない(良いことなのかもしれない)上にケンジントンやロジクールもモデルチェンジをサボっているのでちょっと寂しいという状況におかれている今のトラックボール市場において、エレコムがそこそこ良いクオリティのトラックボールをバンバン出してくれるのはとても喜ばしいことです。エレコムって左手用の親指トラックボールなんてのも出してるレベルですから、ガチで市場を獲得(と)りに来ている感じがして、マジエレコムさんリスペクトっす以外の感想がありません。細かい欠点を直しつつもガンガンと攻めのラインナップを展開して名門トラックボールメーカーとして世界に羽ばたきましょう。

ということで、トラックボールエクスプローラー難民は土下座しながら購入、トラックボールマニアはエレコムに感謝を込めて必ず購入、トラックボール童貞は手が極端に小さい人や手汗ヤバい人間でなければM570tなどと比較した上で買い、と自信を持って言える十分なクオリティのトラックボールです。久しぶりにいい入力機器に出会えたなーと思っています。

以上

せろりんでした。

日本霜降社のTwitterをフォローして新着記事を読もう!

トラックボールのレビューもたまに公開します

関連記事

トラックボールが使いにくいと感じたらやってみるべきこと

買ったけど使いにくいという場合、Hugeちゃんは悪くない可能性があるのでこれを試しましょう。すぐ道具のせいにするのがおれたち人間の悪いところです。

2000円メカニカル!中華赤軸LEOBOG K23は買いなのか

トラックボーラーはメカニカルキーボードを使うものと相場が決まっています。相場に従いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。