2018年 5月 の投稿一覧

2000円メカニカル!中華赤軸LEOBOG K23は買いなのか

せろりんです。

 

ふつうのキーボードは、キーを押したときの反発感をゴムで出しているため、タッチしたときグニュグニュというゴムの感触があります。一方で、メカニカルキーボードと呼ばれるキーボードは(基本的に)金属のバネで反発感を出しているため、スカッとしたクリアな打ち心地で一部のパソコンオタク共に人気があります。

 

ところがメカニカルキーボードってふつうは結構高くて、まあ最低7000円くらいします。ふつうのキーボードが700円とかで買えてしまうことを考えると激高いですね。

 

どっこい、ここ数年は中国製の安いメカニカルキーボードがAmazon.co.jpを中心にたくさん出回っていて、そういうものであれば3000円前後で買えてしまいます。

 

【Kailh軸】中華メカニカル青軸キーボード「ZenCT WH026」を買いました。

前レビューしたこいつとかですね。

 

そんでぼんやりAmazon見ていたらビビったんですが、メカニカルキーボードで恐らく史上最安、異彩を放つ2000円のキーボードが存在(あ)ったんですよね。そういった中華キーボードの中でも最安であろう2000円のメカニカルキーボード、LEOBOGのK23を購入(か)ったのでレビューします。

続きを読む

「ゆるキャン△聖地巡礼でまちおこし」はなぜメッチャ難しいのか?

せろりんです。

ゆるキャン△ってありますよね。女子高生がゆったりキャンプを楽しむアニメです。わりと大人気で、個人的な感触としては、ごちうさの1.5倍、けいおんの半分くらい流行っているようです。

そんでおれは、1話見てこりゃすげえアニメが始まっちまったぞと思って以来、アニメを何周も見たり、自分のことを各務原なでしこだと思い込みながらカレーめんを何食も食べたり、山梨県内の聖地を巡礼したりする見事なゆるキャン△オタクと化してしまったわけです。

おれは山梨県出身なんですが、山梨が舞台のアニメってほとんど無いんですよ。弱虫ペダルやヤマノススメみたいに、キャラクターが山梨に来るアニメはいくつかあるんですが、主人公の日常生活の拠点が山梨にあるアニメって、おれが知る限りOVA「イリヤの空、UFOの夏」くらいだったんですよ。そこにゆるキャン△という、山梨のプロモーションビデオみたいな神アニメが登場してテンション上がらないわけがないですよね。山梨県民一同大変テンションが上がっています。

ゆるキャンが大人気を博している一方で、ゆるキャンの舞台の中心である峡南地域の自治体はお世辞にも活気があるとは言えません。そうなると、もちろん「ゆるキャンでまちおこししよう」といった意見が出てくるわけですが、おれとしては、今のままだとそれはちょっと難しいんじゃない?と思うんですよ。理由を書きます。

続きを読む