のんのんびより ばけーしょん感想&考察 実は主人公はれんげです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

にゃんぱすー。せろりんです。

 

映画のんのんびより ばけーしょん鑑賞の実践をしてきたので感想を書きつつ考察をします。

 

劇場版と1期4話のネタバレがあります。

 

 

 

もてなす側ともてなされる側

のんのんびよりばけーしょんは、いつものメンバーが沖縄にばけーしょんに行って、いつメンが越谷夏海と同い年の民宿の看板娘・新里あおいにもてなされながら楽しく遊ぶ、というストーリーなんですが、これは実は1期4話「夏休みがはじまった」の逆の視点なんですよ。

 

1期4話がどういう話だったかというと、父の里帰りに同行して都会からのんのんびよりの町にやってきた女の子・石川ほのかが、夏休みの間に宮内れんげと一緒に町を見て回って遊ぶけど、最後は父の仕事の都合で石川ほのかが突然都会に帰ってしまい、ほのかとれんげはそのまま別れの言葉を交わせずに離れてしまう、という話です。のんのんびより屈指の名エピソードですね。

 

1期4話は、要するに、よそからばけーしょんに来た人間を宮内れんげがもてなすという内容なんですが、「のんのんびより ばけーしょん」って明らかに4話の逆の状態なんですよ。4話はばけーしょんで「もてなす側」の視点を描いていて、劇場版はばけーしょんで「もてなされる側」の視点を描いているわけです。

 

水車小屋とれんげ

「のんのんびより ばけーしょん」でちょっと異様なのは、れんげがスケッチブックに描いた水車小屋の絵です。

 

水車小屋って1期4話以外では出てこないので、1期4話を象徴する風景ではあっても、のんのんびよりを象徴する風景というわけではありません。彼女らの生活の中心というわけでもないです。

 

どっこい劇場版だとスケッチブックに描かれた水車小屋の絵がわりと頻繁に出てきます。田舎の象徴や生活の中心なんて、自宅でもバス停でも駄菓子屋でも校舎でもあぜ道でも、ほかにもっとふさわしいものがいくらでもあるはずです。あえて水車小屋の絵をスケッチブックに描いて持っていくのは、それだけ水車小屋でほのかちんと過ごした時間がれんげにとって思い出深いものだったということを表していると同時に、そのへん着目して見ろよという制作陣からのメッセージです(たぶん)

 

貴重な「同い年」

れんげにとって石川ほのかは、(おそらく)初めてできた同い年の友達です。

 

れんげが通っているのは小中合わせて5人という分校ですし、小学校1年生だったらまだ他校の児童との交流もないと思われます。同い年どころか2~3歳差すら身近にいないれんげに、小学校1年生の夏にしてようやく同い年の友人ができるわけです。人生ではじめての同い年の友人との間に感じる親しみは、ちょっと想像できないくらいのものでしょう。

 

そんで、それは夏海についても大体同じことが言えるわけで、旅先で出会った同い年の新里あおいに対する夏海の感情もまた特別なものです。

 

どっちかという粗野な自分と、ていねいな言葉でテキパキと接客をこなすあおい。夏海は、同い年なのに性格や立ち振舞が全然違うあおいのことを最初は自分と比較して見ていました。交流を深めるうちに、実はあおいも自分と同じで、母親のカミナリを恐れながらコソコソ悪さをし、友達とはタメで喋る普通の女の子だと知ります。そして夏海はあおいにどんどん興味を持っていきます。

 

普通に考えれば、毎日バドミントンの練習をしている人間に素人の夏海が叶うわけがないのにもかかわらず、夏海がバドミントンでわりと粘っていたのは、同い年だから負けたくねえという意識があったのかもしれません。

 

れんげにとってほのかが特別であったように、夏海にとってもあおいは特別なのでしょう。

 

夏海の背中を押すれんげ

最終日、宿をチェックアウトした夏海は、あんなに仲よくなったあおいにお別れを言わないまま宿を発とうとします。人生で初めてかどうかは知りませんが、おそらく数少ないであろう同い年の友人に別れを言うことが辛いというのは容易に想像できます。照れくさいというのもよくわかります。

 

粗野なのに意外にシャイな夏海に「お前それでええんか」「ちゃんと別れ言わんでええんか」と目で語り、背中を押すのが宮内れんげです。

 

れんげには、1期4話で「さよなら」と一言交わすことができないままほのかと別れてしまった経験があります。その辛さや寂しさを知っているれんげだから、万感の想いを込めたアイコンタクトで夏海の背中を押したんです。

 

「さよなら」が言えていればれんげは1期4話でほのかちんが居なくなった後に1週間もいじけていなかったわけで、その辛くて寂しい思いを、夏海に、そしてあおいにも、してもらいたくなかったんでしょう。「さよなら」を交わせない寂しさは、あの中でれんげだけが知っていたのかもしれません。

 

スケッチブック一面に描くほのかちんからの写真

れんげが夏海にプレゼントした1枚の絵。最後に内容が明かされる1枚の絵は、ラケットを持った夏海とあおいの笑顔の絵でした。

 

のんのんびよりをりぴーとしまくっている方じゃなければ覚えていないと思いますが、4話の最後でほのかから贈られてくる写真も、実は笑顔どアップのれんげとほのかの写真です(れんげはこれが笑顔です)。ほのかは田舎の写真を何枚も何枚も撮ったはずなのに、その写真1枚だけをれんげに贈ったのです。

©2013 あっと・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/旭丘分校管理組合/『のんのんびより』4話より引用

 

それを受け取ったれんげは、劇場版ではまったく同じ構図の絵を1枚だけ夏海に贈ります。

 

れんげは本気出せばコンテストくらい余裕で入賞できる神の画力があるという設定で、独創的な創作が大好きな芸術家肌です。そのれんげが、もらった写真とまったく同じ構図の、言ってしまえば独創性も個性も無いごく普通の絵を夏海に贈るわけです。夏海とあおいが二人っきりで笑っているだけの、どこにでも転がっているような絵を夏海に贈るわけです。

 

れんげは、ほのかからあのたった1枚の写真が送られてきたときのうれしさを、夏海にもわけてあげたかったんでしょう。

 

のんのんびよりのテーマの一つには「親はなくとも子は育つ」というのがあるような気がしますが、なぜ親はなくとも子が育つのか、その理由が垣間見れた劇場版でした。

 

れんげも主人公です

今作は夏海だけが主人公だと思われがちですが、1期の4話を踏まえた上で見ると実はれんげも主人公なんですよ。れんげだって、夏海と同じくらいに主人公として物語を切り開いているわけです。スカッとお別れできたのはれんげのおかげ、地元に帰ってから夏海がそれほど寂しくないのもれんげの絵のおかげです。

 

のんのんびよりは話数によって主人公ポジションが変わりますが、今作については、れんげと夏海のダブル主人公と言って良いでしょう。れんげと夏海がダブル主人公をしている話ってアニメ2期にもありましたね。2期の4話、カブトエビの話です。あれは夏海がれんげに大切なことを教えていたわけですが、劇場版では逆です。

 

れんげが活躍していて良い映画だったんですが、夏海は夏海で、もらった絵を部屋に飾っています。普通中学1年生が小学1年生にもらった絵なんて部屋に飾らんくないですか?照れくさいやら要らないやらで、なんとなく机の中に突っ込んで半年くらいしたら捨てちゃうでしょ。絵をもらってどんだけうれしかったんだ越谷夏海。粗野だけど意外と情緒を大切にする女なんですよ、越谷夏海って。

 

追記:夏海はあおいと再会するのか?

 

のんのんびよりばけーしょんみたいな話って、つまり旅行先で人間と仲良くなって別れを惜しみ再会を約束する話って、現実世界でも子供時代にたまに起こりますよね。ところが現実だとその後どうなるかというと、再会を約束しても、何年か経つと忘れてしまったり、いまさら会っても気まずいだろうな、と思って結局再会出来なかったりするわけです。現実はクソ。

 

夏海とあおいもそうなってしまうのかな、という寂しい考えも余裕でできます。ほのかちんみたいに親の実家があるとか、距離が近いとかであればまだ容易に会いに行けるかもしれませんが、あおいが住むのは石垣島のさらに南、台湾にほど近い竹富島です。中学生とか高校生では気軽にはいけません。

 

はっきり言ってこういう話は再会するかどうかわからないから美しいんであって、その後について推測をするのは死ぬほど野暮なんですが、ちょっと珍説を思いついてしまったので書きます。今作での沖縄旅行のおもいでを歌った曲と我々が認識しているエンディング曲「おもいで」を聴いてみましょう。

 

『珍しいいきもの 追いかけ』
『おなかいっぱいで 地球に寝転ぶ』
『横切る無愛想猫』
『さとうきび 剥いてまるかじり』

おかしいですね。見事にいつメンが劇場版では経験していないことばっかり羅列されています。珍しい生き物はいたにはいましたが、別に追いかけてはないですよね。まあ、このへんは映像になっていないだけで、実は写っていないところでやっていたのかもしれません。狙ったようにやっていないことばかり歌詞になっているのは気になりますが、偶然かもしれません。ところがですね。

 

『微笑むイルカに 追われて』

えっ!?これは絶対おかしいですね。イルカに出会えなかったことは、れんげの唯一の心残りとして映画の中で印象的に描かれていることです。この映画のキモといっても良いくらいです。まあこのへんは作詞者が沖縄っぽい出来事入れときゃそれっぽいだろという意図で本編の内容を知らずに入れてしまったのかもしれません。「宝物を描いたスケッチ」「砂も虫も人間も」という歌詞もあるので本編の内容をまったく知らないで歌詞を考えたなんてことは考えにくいと思いますが、そういうこともあるかもしれません。ところがですね。

 

『増える記録と深くなる記憶 染み込ませてまたいつか「ただいま」を言おう』

これですよ。これ。「おもいで」という曲は、要するに、「沖縄旅行楽しかったけどもう地元に帰らないといけないから残念だなあ」という曲です。そういったシチュエーションで、またいつか「ただいま」を言う相手は何なのか、という話です。

 

「ただいま」という挨拶は普通、家族や地元に住む人に対して言うものです。自分が住んでいる町そのものや、家そのものに言うケースもあるでしょう。でも、今から自宅に帰ることがわかりきっているのに「またいつか」家族や地元の人や地元の町や家にただいまを言おう、ってのはどう考えてもおかしいです。ですから、「ただいま」を言う相手は、夏海たちの家族や夏海たちが住む町ではありません。

 

それを考えると、この歌詞は「またいつか再び沖縄を訪れるかもしれないから、そのときは、地元も同然なくらい親しんだ沖縄や沖縄に住む人に対して比喩的に『ただいま』を言おう」という意味だと解釈するのが自然です。

 

ところが、3泊4日で1回行っただけの沖縄に対して「次訪れたときにはただいまを言おう」なんて思うでしょうか?いくら思い出深い経験ができたとはいえ、1回しか訪問していないのであれば「ただいま」を言おうとは思いませんよね。ふつうは「ただいま」を言いたくなるのって最低でも2,3回は訪れてからです。人生で1度しか行ったことがない都道府県のことを思い出していただきたいんですが、そこに対して「ただいまって言いてえ~」って思ったことあります?おれは無いです。秋田とか徳島とか、また行きたいとは思いますが、ただいまを言いたいとは思いません。

 

事実、今作において沖縄は「とても興奮する最高のばけーしょん先だった」という描き方はされていますが、「地元みたいに安心できる心休まる場所だった」という描き方はされていません。1回めの訪問の時点では「ただいま」は別に言いたくなっていないわけです。

 

てことは、この曲は、「ただいま」を言いたくなるくらい沖縄訪問を重ねた人が自分の心情を歌っている曲だということになります。つまり、この曲は、実は初めて沖縄を訪問した劇場版でのおもいでを歌った曲と見せかけて、最低でも2回め以降に沖縄を訪問したときのことを歌った曲なんですよ!

 

さとうきび丸かじりも、珍しい生き物に追いかけられるのも、イルカを追いかけるのも、全部1回めでは経験できなかったけど2回め以降で経験することができたことだと考えると納得がいきます。

 

夏海たちは、実は劇場版の後にもちょくちょく沖縄に行っているんですよ。越谷夏海とかいう女は、ちょくちょく新里あおいに会いに行ってよろしくやっておいて『らんらんらん らんらんらん あなたと過ごす』なーんて陽気に歌ってるわけです。とんでもねえ女だ。テンションが上がってきましたね。以上珍説でした。

 

まとめ

 

劇場版は本編未視聴でもぼちぼち楽しめると思いますし、放送当時アニメ見てたよという方も十分楽しめるとは思うんですが、本編の、特に1期4話をもう1度見ておくとより一層楽しめる映画だなという印象です。2期4話もいいぞ。

 

星空と夜光虫の圧巻のワンカットで感動し、夏海が泣くシーンでおれも号泣し、れんげから贈られてきた絵の内容が明かされるシーンでまた号泣するという、今年の夏の最後を飾るのにふさわしい最高の映画でした。最後のれんげが家の空気を吸って感傷に浸るシーンもセンスを感じます。家に帰って玄関の空気を吸うまでがばけーしょんだという思想なんですよ。センスしかないですね。

 

そういうわけで、れんちょん、空を越えて、海を越えて、いつの日かまた続きを描けるといいですね。

 

今回はここまで。せろりんでした。

 

日本霜降社のTwitterをフォローして新着記事を読もう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す