エレコムのトラックボールDEFTレビュー M570の代わりにいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

せろりんです。

 

エレコムのHugeを購入して、こりゃあ地上最強のトラックボールだべーと思いながら使用していたんですが、気づいたらDEFT M-DT2DRBKも購入していたのでレビューします。

 

 

収まりが良い!

 

DEFTの良さ、そして小玉トラックボールの利点といえば、収まりの良さです。

 

DEFTの右に置いたHugeのデカさと比較するとわかるんですが、トラックボールにしてはかなり小さいです。DEFTより専有床面積が小さい現行人差し指トラックボールってOrbit wiressくらいじゃないでしょうか。平均的な手の大きさの成人男性なら片手で余裕で包み込むことができますし、おれは女性じゃないので知りませんが女性でも容易に包み込むことができるでしょう。

 

人差し指トラックボールの現行機には、DEFTみたいな右手のフィット感を重視したトラックボールは存在しません。HUGEはでかすぎるし、DEFT PROも微妙にでかいです。OrbitOpticalなんかはシンメトリーなので(あれはあれで持ち方や持ち手を自由に変えられて良いですが)いまいちフィットしません。

 

手によくフィットする上に完全に手で包み込むことができるため、普段のマウスと変わらない安心感があると共に、手首を全く動かすことなしに全てのボタンを押すことが出来ます。

 

おれは長年トラックボーラーをやっていますが、なかなかこういったタイプのトラックボールは無いので、とても優れた設計だと思います。

 

小玉の良さを引き出す設計

はっきり言っておれは小玉人差し指トラックボールが嫌いです。小玉親指は好きですし、大玉人差し指は大好物ですが、人差し指操作かつ小玉になった途端にどうにも操作しずらく感じてしまい、ついには窓から投げ捨ててしまいます。

 

DEFTも最初はそんな感じで、慣れるまでは「やっぱり小玉はクソだなー」と感じていたんですが、慣れてくるとこいつがまた良いわけです。

 

おれがなんで小玉が嫌いかっていうと、玉が軽すぎて制御が難しく、思ったところでカーソルを止めることが出来ないので細かい操作がやり辛いからです。ところがDEFTは、手でボールを包み込むような形状設計のおかげでカーソルの制御がとてもやりやすくなっています。

たいていの人差し指トラックボールって、玉を上から見た時、中心(球の重心の直上)のあたりに指の腹が来るように指を乗せるわけですが、DEFTはわりと奥の方に指が乗っています。たぶんこれが操作感のよさの秘訣です。自由自在にボールを動かせます。

 

左のHugeのボールと比較するとかなり大きさが違います。球の体積は半径の3乗でキマってくるので半径が倍違うと体積は8倍違うことになり、素材が一緒なら重さも8倍になります。DEFTを使っちゃうと、大玉トラックボールはちょっと玉が重いなあと感じてしまいます。DEFTは小玉特有のボールが暴れる感じをうまいこと抑えていて、大玉の安定感もいいけど小玉の軽快さもありだなあと感じさせるトラックボールです。

 

もちろん小玉なので、さすがにHUGEやExpertMouseのような大玉トラックボールの繊細な操作感には及んでいません。でも、それを補って余りあるコンパクトさと、軽快な操球感と、指を伸ばすことなく全部のボタンを押すことができる抜群の操作感があり、これはこれで大変良いです。

 

完成度がたけえ!

おれはエレコム製品を全面的にまったく信頼していません。どっこいDEFTはクオリティがなかなか高いです。これ本当にエレコム製品か?と驚いています。今まで使ってきたエレコム製品は一体なんだったんだ、なあ、答えてくれよ、WRC-F300NF・・・・・

 

トラックボールで気になるのは、やっぱりセンサーの追従性です。トラックボールは、ボールをガシャーーーーーガシャーーーーと必死こいて動かしまくるデバイスだし、その気持ちよさを楽しむデバイスでもあるので、勢いよくボールを動かしたときにセンサーがボールのスピードについていくことができずカーソルが動かない、あるいは変な方向にカーソルが飛んでいく、なんてことがあるとまあまあストレスになります。

 

最近はそういった機種は減ってきた感じがありますが、たとえばサンワサプライ製のMA-TB38はそのへんが最悪で、ちょっとでも早く動かすとすぐセンサーがボールを見失ってカーソルが動かなくなっていました。ExpertMouseもダメでした。雑魚いセンサーを使用しているせいでストレスマッハという機種はたまにあります。

 

そんでDEFTちゃんがそのへんどうなのかというと、わざと全力でボールを回すとポイントが動かなくなることもありますが、普通に使っているぶんには全く問題がありません。まあまあ強いセンサーを使用しているんでしょう。良いことです。

 

ボタンを押したときにギシギシ言うのは、低価格なマウスやトラックボールにありがちなことですが、DEFTはそこまでギシギシ言いませんし、ボタンの押し心地も結構いいです。本体の質感もかなり良く、不満を感じることはありません。

 

使っていて性能不足や品質不足を感じることは、後述するホイール以外は特にありません。

 

ホイールから異音が

HUGEちゃんはホイールがクソゴミすぎて全部台無しになっている、みたいなところがあったんですが、DEFTちゃんもホイールはいまいちです。

 

HUGEはホイールクリックが硬すぎて駄目だったんですが、DEFTはなにが駄目って異音がします。最初は異音なんてしなかったんですが、しばらく使っていると、ホイールを回すとギュルギュルと音がするようになりました。これはさすがに良くないです。うーん。詰めをミスったなーエレコム。

 

異音以外はまったく問題なく、HUGEと違って回したときの質感も中の上くらいには良いですし、クリックしたときの硬さも、ほんのちょっと硬い気もしますが、余裕で許せるレベルです。

 

ホイールの異音報告はネットで少なくない報告があるので、全部が全部異音がするわけじゃないにしても、それなりの確率で起こるみたいです。

ホイールの軸の部分にほんのちょっとだけシリコーンスプレーをぶっかけると音はしなくなりました。世の中のたいていの事はシリコーンスプレーで解決します。

 

これをやると多分保証が死ぬし、運が悪いとこれのせいでぶっこわれることもあるかもしれないので自己責任でやりましょう。不正改造みたいなことをしないとまともに使えないというのは製品としてはわりと致命的です。

 

必殺シリコンスプレーは何度もやると筐体内が油でギットギトになりそうなので、そう何回も使える技でもありません。再発しないことを祈ります。

 

絶対無線を買おう!

そんでDEFTには有線モデルと無線モデルがありますが、絶対に無線を購入しましょう。有線と無線で500円も違いません。

 

無線というと、一昔前は、ラグがある、電池がすぐに無くなる、切断する、みたいな不具合や性能不足があったため、マウスを選ぶ上で避ける人も多いです。どっこいDEFTはそのへんバッチリで、ラグは皆無ですし、電池は数ヶ月持つし、切断は1度もありません。なかなかクオリティが高い無線で、性能的には有線とまったく変わりません。

 

 

そんでDEFTみたいなちっこいトラックボールは無線でこそ力を発揮します。例えば膝の上で使う、ベッドで使う、キーボードの横で使う、キーボードの手前で使うなど、いろいろなポジションでケーブルを気にせず使えます。500円しか違わないので騙されたと思って無線を購入しましょう。レシーバーも小さいですし、本体に内蔵できるので持ち運びも容易です。

 

個人的には、無線性能がこんだけ高くて値段も500円しか変わらないなら、有線モデルを売る必要まったく無くないか?と思います。それでも有線モデルを売るのは、あらゆるトラックボールユーザーを取り込もうというエレコムの熱意なのかもしれません。

 

M570のライバルじゃね?

DEFTは、ロジクールのM570を使っている人にこそ手にとってほしいデバイスです。トラックボールユーザーの何割かはM570ユーザーなわけですが、M570を気に入っている人の多くはきっとDEFTも気に入るはずです。もしかしたらM570以上の満足感を得ることができるかもしれません。

 

なんでかって話なんですが使用感やコンセプトがM570に似ているからです。M570みたいに片手で包み込むように持てるし、手によくフィットするし、M570と同じくらいのボールサイズだから操作する指が変わってもさほど違和感がないはずです。家庭のパソコンでもカジュアルにトラックボールを使ってもらおうという設計思想もM570と似たようなものです。

M570ユーザーにとって極めてとっつきやすい一方で、機能ではM570に圧勝しています。チルトホイールですし、感度変更ボタン付いていますし、M570が5ボタンしかない一方で8ボタンありますし、チルトホイール左右に割当をすれば実質10ボタンです。

 

フィーリングもM570と良い勝負ができます。M570のホイールはホイールクリックが固めで使いにくいですが、DEFTのホイールクリックは普通の重さです。異音はしますがシリコーンスプレーで復活します(推奨はしません)し、おそらくは異音が出る個体は一部です。そんでM570は左クリックやホイールクリックなど各所がすぐギシギシ言うようになりますが、DEFTは今の所そこまでギシギシ言いません(多少は言います)。

 

値段が手頃で形状設計も優れている超定番トラックボールM570は、一方で機能性やクオリティや耐久性が値段なりです。おれは3年で3回不具合が出ました。不具合報告をすればマッハで新品を送ってくれるというロジの神保証があるからおすすめのトラックボールではあるんですが、ハードウェアのクオリティ自体はぼちぼちです。

 

ということなので、なんとなくM570以外に良い機種ねえかなあと思っているM570ユーザーは多いはずです。おれも昔はそうだった・・・・・・・・・・・・・・・・。M570から買い替えしたいけどMX ERGOはちょっと高すぎ、HUGEは個性的すぎる、そういう人にこそDEFTを手にとってほしいです。

 

これは個人的な感想なんですが、トラックボールの醍醐味はやっぱり人差し指トラックボールだよな、と思います。2,3本の指を使って巧みにボールを動かす独自の操作感は、親指トラックボールではどうやっても味わえません。おれは親指トラックボールも好きなんですが、人差し指トラックボールも最高なので、親指トラックボールしか使ったことがないのであればぜひ人差し指トラックボールも手にとっていただきたいです。

 

買おう!

過去にはCT-100くらいしか似たような機種がない独創的な設計の機種でありながら、同時に十分なクオリティを兼ね備えている良いトラックボールだと感じました。

 

おれはHUGE最高人間なので、メインのパソコンではHUGEを使ってサブのほうでDEFTを使っていますが、はっきり言ってどっちをメインにするかは好みだと思います。例えばおれがもうちょっと手が小さい人間だったら、あるいはHUGEより先にDEFTを購入していたらDEFT大好き人間になっていてサブでHUGEを使っていたかもしれません。

 

DEFTはクオリティや形状が秀逸で、そのくせ無線でも4000円で買えるというふざけた価格設定です。Orbit wirelessが6000円くらいすることを考えると、8000円くらいの値段がつけられていても全然不思議ではありません。そんなトラックボールが4000円です。8000円のものが4000円で購入できるんですから、これは実質マイナス4000円です。トラックボールを買って4000円を貰いましょう。

 

HUGEやM570といった現行の名機と肩を並べても全く遜色がない機種だと個人的には思います。ぜひ買いまくってエレコムを調子に乗せ、どんどん良い新商品を作らせましょう。

 

せろりんでした。

 

日本霜降社のTwitterをフォローして新着記事を読もう!

 

関連記事

 

でけえ!エレコムの大玉トラックボールHUGEを買いました

HUGEくんもいいんですよね。両方買え!!!!!!!

 

トラックボールが使いにくいと感じたらやってみるべきこと

トラックボールを使いこなす方法やメンテナンス方法など乗っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。