43インチ4Kモニターが死ぬほど快適!もうマルチモニタは不要だぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

せろりんです。カレシ作るなら最低でもデュアルモニターだよな、って思ってたんですが、最近はそうでもありません。

いままでは23インチフルHD級モニター2枚環境で超快適~と思っていたんですが、4Kの43インチモニター1枚をドカッと置いたらメチャクチャ快適になりました。

4Kモニターが来たぞ

これが以前の環境です。机の上がきったないしなんでカラーボックスにモニター載せてんだよって話なんですがそれは置いといて、デュアルモニターです。一番左は液晶テレビなのでパソコンには繋いでいません。

左はIPSなので縦で使えたり、右は今は亡きバイ・デザイン製の16:10だったり、どっちもお気に入りの液晶なんですが、PCを買い換える際に思い切って2つとも窓から投げ捨てて大画面4K液晶1枚にしてみました。

https://www.iodata.jp/product/lcd/wide/ex-ld4k431db/spec.htm  アイ・オー・データ機器 EX-LD4K431DB製品ページより 

購入したのはIO DATAのEX-LD4K431DBです。掟破りの43インチ、4K液晶です。パネルはADSパネルというやつで、IPSパネルみたいなものらしいです。視野角は上下左右共に堂々の178°です。

値段はおれが購入した時点で4万9796円送料込みでした。5万円を切ります。4Kモニターも安くなりましたね。時期が良い!

疑似マルチディスプレイができるぞ

ドーンと設置してみました。結構な迫力です。なんせ横が97センチ、縦が60センチくらいありますから、置き場を作るにしてもそれなりの気合いが必要です。つっても今デュアルモニターが置けているのであれば43インチも置けると思います。ちょっとおかしな巡り合いでも大切にしませんか!

これは左上でYoutube視聴しながら左下で画像フォルダを表示、右側全部で当サイトの執筆をしている状態です。暇つぶしに動画流しながら画像を含む記事を書く、となると2画面ではギリ足りないので、これだけの面積があると非常に快適です。

43インチ4Kですから、21.5インチフルHDモニターが4枚あるのと、dpi的にも画素数的にも大きさ的にも大体同じです。

右下のブラウザで情報収集しながら右上のエクセルでデータをまとめ、左下のパワポでスライド作りながら左上のワードで発表原稿を作っている図です。なかなか無い状況だと思いますが、やろうと思えばこのように疑似4画面で4つのソフトウェアを同時操作することも可能です。

実質4画面なのに配線が1枚分で済むのはかなりありがたいです。HDMI1本と電源1本で動作するのでデスク裏がすっきりします(スッキリしてないじゃんというツッコミは無しで)

Windows10は、角にウィンドウを叩きつけるとウィンドウサイズが4分の1になる「スナップ機能」ってのが付いているのでウィンドウ4分割がとても簡単に出来ます。

Windows7だとスナップでは左右2分割までしかできませんが、2分割しかできなくても結構快適だと思います。おれは普段は2画面で十分な作業しかしないので基本は左右2分割で使っていますが、2分割で使う場合でも片側あたりの面積が21.5インチモニタの倍もあるので大画面で大変快適です。

写真閲覧・編集が鬼快適

ウィンドウ分割して使ってもいいんですが1枚のディスプレイとして使っても死ぬほど便利です。猛威をふるうのが写真閲覧時です。

うちの1800万画素のEOS 60Dであれば、ほとんど等倍くらいのサイズで表示されるので、かなり細かい部分まで見ることができます。

ピントがちゃんと合っているかどうかとか、ブレていないかどうかといったことが一発でわかるので大変便利です。今まで撮った一眼レフの写真をこのモニターで見たら自信作の多くがピントを微妙にはずしていたことが発覚してガッカリしました。

コンテストなんかに出そうとして意気揚々でキタムラに行って大判プリントすると、プリントを終えてからピントが外れていたことが発覚してプリント代・千いくらを無駄にするってことはわりと多いので、ピントが来ているかどうかが一発でわかるのはとても便利です。

そんで画面がでかいので縦構図の写真でも十分な大きさで閲覧できます。これが結構快適です。写真を90度回転させて首を傾げる作業をする必要がありません。

これだけ高精細だとレタッチなんかも大変やりやすいと思います。プロとかハイアマみたいな人はもっと色がしっかりしている良いモニターを買うべきなのかもしれませんが、おれみたいな日曜カメラマンとしては言うこと無しです。三脚や一通りのレンズなどのある程度の機材を持っているのであれば、大画面4Kモニターを買うのはかなりコスパが良い投資だと思います。

おれはやらないので不明ですが、動画編集も快適にできるんじゃないかなあと思います。

動画視聴もいけます

世界で一番美しいアニメとして全宇宙に名を轟かす ひなろじ~from Luck&Logic~というアニメです。まさか居ないとは思いますが未視聴の人は必ず見ましょう。

家に大型テレビ無い系アニメオタクの多くは23インチとかそのくらいのちっこい液晶モニターでアニメを見てお過ごしのことでしょう。でも、せっかく良いアニメを見るなら、もっとデカい画面で見たくないですか。住環境など諸々ご事情がおありでしょうから大型テレビを購入するのは厳しいかもしれません。デカいテレビって、テレビ視聴にしか使えないのに糞デカいから糞邪魔ですよね。狭い部屋に置くのは無理じゃないかもしれませんが厳しいです。厳しさから自分の気持ちに蓋をしてしまって、大画面でアニメを見ることを諦めてしまっている人もいらっしゃるかもしれません。何を隠そうおれのことです。

そこで43インチ4Kモニターです。こういうでかいモニターをPCモニターとしてを1枚持っておくと、気合を入れてアニメ視聴したいときに気合を入れやすいです。普段はPCモニターとして快適に使って、気合を入れたいときには照明を消して全画面でアニメを再生するわけです。パソコンにTVチューナーを繋ぐか、モニターの代わりに4Kテレビを買ってPCにつなげるかすれば、アンテナを繋げてリアルタイム視聴も可能です。

アニメは基本的に4K対応していないので、4Kモニターの解像度を活かすのは無理です。でもアニメ視聴に関して言えば、デカいというだけで価値があります。もちろんアニメに限らず、他の映像コンテンツについても同様のことが言えます。

YoutubeでフルHD動画をフルHDで流しながら他のことができるのも便利です。4Kもだいぶ浸透してきたとはいえ、今どきの映像コンテンツはやっぱりまだまだフルHDが主流です。

フルHDモニターだとわざわざ全画面にしなければフルHD再生はできませんが、4Kモニターなら4分の1のスペースがあればフルHDで動画を見ることができます。アニメなんかは普通は最高画質がフルHDなので、手軽に最高画質で視聴することができるのは気持ちがいいです。ピラリ学園職員室の机の配列は生産性が高そうです。でも背もたれが無い椅子はちょっときついですね~ひなろじブルーレイ発売中です。6話入って7000円と実質タダみたいなもんなので4Kモニター買ってる暇があったらひなろじブルーレイを買いましょう。

4Kコンテンツは個人的にはそこまで興味がないのであんまり積極的には体験していませんが、Youtubeで登山映像を視聴してみたところ非常に綺麗でした。落ちたら死ぬところを登攀している場面なんて恐怖感を覚えるくらいです。ちっこいフルHDモニターだと「やってんなー」としか思いませんが、でかい4Kモニターだと臨場感がものすごいです。

山選びの参考にしたり、行ったことある山の映像を見て若かりし頃を懐かしんだりすることができます。それなりに有名な山であれば誰かが4K映像を公開してくれているので、登山オタクは4Kモニターを買うと幸せになれると思います。

あとは例えば車好きなら4Kドライブ映像を見るとか、鉄道好きなら前面展望の4K動画を見るとか、趣味に合わせていろいろ楽しめると思います。これはさすがにヤバいので絶対だれにもナイショでおれたちだけの秘密なんですが、猫の4K動画を視聴するとスゴいです。毛がすごい。毛が。

ハーフグレアにご注意

EX-LD4K431DBは値段を考慮すればかなり良いモニターです。色味は正確に出ている印象があるし、ADSパネルという名のIPSパネルを乗っけてるらしいので視野角もバッチリで隅っこまではっきり見えます。家にあるどのモニターよりも色が綺麗です。

ところがどっこいちょっと厳しいなーと思ったのが、グレアがきつすぎるという点です。

モニターには3種類あって、グレアとノングレアと、その中間のハーフグレアです。グレアは光沢があって反射するやつ、ノングレアは光沢がなくて反射しないやつ、ハーフグレアはその中間で、そこそこ光沢があってそこそこ反射するやつです。

この機種は一応ハーフグレアということで売っている機種です。確かにガチグレアよりは少しだけ反射が抑えられていますが、正直グレアもハーフグレアもそんなに変わらねえだろって思います。この通りモリゾーのツラがはっきりと写り込んでいます。森へ帰れ!!!

普通のグレア液晶とほぼ同様に、黒が表示されるとおれのモリゾーみたいなツラが映り込むし、背後に照明があると照明が写り込んで表示が見えなくなります。

ハーフグレアとか言っても実質グレアと大差ありません。我々人間は、ハーフと聞くと足して2で割った程度の光沢なんだろうなって思ってしまいますが、少なくともこの機種に関しては、ガチグレアよりは少しだけマシって感じです。グレアは絶対イヤ、って人はおそらくハーフグレアも絶対イヤなはずなので、そのへんを考慮して製品選びをするといいでしょう。

なにせ43インチ台の4Kモニターはテレビからパネルを流用しているからなのかハーフグレア製品がとても多いです。PC用モニターって普通はノングレアなので、おれみたいに性格が適当だと買う時にいちいちちゃんと確認しないことが多いです。でも4K大画面モニターに関してはちゃんと確認したほうがいいです。

もちろん、ハーフグレアにも利点はあって、例えば映像や写真なんかはとても綺麗に表示されます。でもおれの用途だとやっぱノングレア買っときゃよかったなあと思っています。心穏やかなネットサーフィンや正確な事務作業やニヤつきながらのアニメ視聴をする上ではモリゾーは居ないほうがいいです。

注意点もあるぞ

4Kモニターは超快適なんですが、導入する上で注意しないといけないことも結構あります。

まず、モニターと十分な距離を取れるくらいの広い机が無いとダメってことです。

おれは奥行き70cmの机の奥にさらに奥行き30cmの机を置いて、30cmの机の上にモニターを置いて作業しています。このくらいやればとても快適に作業ができますが、奥行きが50cmとか60cmとかそのくらいしか無い机だと43インチは画面が近すぎてキツいと思います。隅のほうの視認性が良くないですし、画面の上の方を見るときに、見上げる形になって疲れます。

おれみたいに机2台持ちなんてする必要はさすがに無いと思いますが、それでも机の奥行きは70cmはほしいところです。

PCのスペックもそこそこ重要です。おれは一時期8年前のクソザコPCに4Kモニターを繋げて使っていました。

しっかし、8年前のクソザコPCに4Kをつなぐと、何をするにもカックカクしていて全体的にもっさりでした。モニター表示にマシンパワーをかなり食われるんだと思います。フルHD・2枚ではぼちぼち動いていたのに、4Kをつないだ途端にカクカクです。クソ雑魚PCのスペックとしては、Pentium-G6950(2C2T,2.8GHz)に内蔵グラフィックスにメモリ4GB(実質3GB)にSSDにWindows7-32bitって感じです。何がボトルネックになってカクカクしていたのかは謎なんですが、そのくらいのスペックだと4Kモニターはやめておいたほうがいいでしょう。

G6950でこんな感じなので、現行のせろりんやPentiumとか、一昔前のCore i3なんかだともしかしたらダメかもしれません。余裕を見て、物理4コアにメモリ8GBにGT1030相当くらいのグラフィック性能はほしいかもしれません

今はRyzen5 2600(6C12T,3.4GHz)にRX570にメモリ8GBにSSDにWidnows10-64bitのパソコンで何不自由なくサックサク使っています。

サクサク動かせるかどうかとは別に、60Hzで4K出力ができるかどうかという問題もあります。ディスプレイポートやバージョンが新しいHDMIポートがないと60Hzでは出力できないことがあります。ちゃんとパソコンの仕様を確認した上で購入しましょう。

もう戻れません

おれもいろいろなPCやPC周辺機器を購入してきましたが、43インチ4Kモニターはハッキリ言って革命です。快適すぎます。シングルモニターからデュアルモニターに移行したときの感動を超える快適さがあります。画面が広くなるのはもちろん、モニターの配線や角度などの微妙なセッティングが必要無いのも楽です。置けばそれで終わりってのはなかなか良いことです。コンセントも1本で済みます。

異機種で組んだマルチモニタと違って画面の色味が完全に一緒だから快適とか、画面の面積が広くなって快適になったというのももちろんあるんですが、それ以上に、視界全部がモニターになるので、ツギハギマルチモニターとは没入感が段違いでとても快適になりました。余計な情報が入ってこないので、ネット掲示板でMT免許所有者のふりをしてAT限定免許を煽る作業が大変捗ります。ATは甘え!

43インチ4KモニターならネットサーフィンもTwitterも画像編集もワードもエクセルも電子書籍も動画視聴もバッチリです。買い替えて毎日幸せです。おれの幸福で今日もメシがうまい!

おれは狂犬のように誰彼構わず周りのやつにマルチディスプレイをオススメしまくる熱心なマルチディスプレイ信者だったんですが、これを使ってみた結果、マルチディスプレイの時代はもう終わったんだなと思いました。これからは43インチ4K信者として43インチ4Kを狂犬のようにオススメしていきます。

もうノートパソコンの15インチとかいうちっこい画面には戻れないし、23インチ2画面みたいなややこしい環境にも戻れません。やっぱカレシつくるならデュアルモニタでも3Kでもなくて4Kです。終わり。

せろりんでした。

日本霜降社のTwitterをフォローして新着記事を読もう!

関連記事

ありがとう鼻毛鯖 8年使った鼻毛鯖をついに買い替えました

鼻毛鯖を買い替えた話です。買い替えた理由の一つに、低スペすぎて4Kだとブラウザでもカクカクする、というのがあります。

トラックボールのメリットって何?トラックボールガチ勢が解説

4Kだとさすがにマウスは使ってらんねーなーと思います。トラックボールを同時購入しましょう。せろりんとの約束だぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。