【AKG】赤毛のN200を購入したので軽くレビューしてみる

ガジェット

どうも、河白です。

ワイヤレスイヤホンが欲しかったのでAKGのN200を買っちゃいました。

素人なりにレビューしてみます。

AKG N200について

ネットで調べたところ、コレ、AKG初のワイヤレスイヤホンなんですね。
N20シリーズのワイヤレス版って立ち位置らしいです。

AKGの広いサウンドステージと高品位でダイナミックな音質をワイヤレスで楽しめるBluetoothイヤホン「N200 WIRELESS」
定評ある「N20」の広いサウンドステージと高品位でダイナミックな音質を踏襲したBluetooth対応のイヤホン。SBCに加え、AAC、apt-Xに対応し、AKGの高いサウンドクオリティをワイヤレスでお楽しみいただけます。最大約8時間のワイヤレス音楽再生楽しめるだけでなく、急速充電機能に対応しているため約10分の充電で最大約1時間の音楽再生が可能です。

AKG N200 WIRELESS | AKG by HARMAN

開封

外箱と内箱。
内箱は本のように開きます。

本体、付属のイヤーピース、掃除棒、説明書、専用ケース、充電コードが入ってます。

こういう作り、すごくワクワクする。

充電コードが小さめでケースにピッタリ入るようになってます。
ケースはセミハードという感じでコンパクト。デザインもよし。

本体です。

コード柔らかめで締め付け部もスムーズに可動します。

テッカテカのメッキ仕様があんまり好きじゃないので、このマットな感じ好感持てます。

操作部です。

再生・停止などの操作に加え、siriも操作できます。
(AndroidもAI起動できます。)

充電は操作部から。

蓋がちょっとふにゃふにゃで、すぐ取れそうで怖い。

磁石内臓でピタッとくっつく。

重さは16g。
軽いのか重いのかよくわからん。

イヤーピースを取るとこんな感じ。

充電部分だけちょっと不安ですが、デザインはぼく好みで凄くいいです。

装着感は耳にぴったりハマる感じで、三角形の凸部が耳の凹部に引っかかり落ちにくい構造になってます。

ただ、長時間装着すると凸部の部分が少し痛くなってきます。
これは耳の形状によると思うので、人によって良し悪しが変わると思います。

音漏れは(多分)ないです。

音の感想

※普段使いを意識して、iPhone内の「ミュージック」で聞きました。

第一印象は、「無線なのにこんなに鮮明に聞こえるの!?」でした。

細かい音まで聞こえるわ聞こえるわ。
だからといって小さい音はちゃんと小さいし、大きい音はちゃんと大きい。

高中音は各音がハッキリ分かるくらい線があって、低音はズッシリドンドンって感じです。

微妙な点を上げるとすれば、ヴォーカルが薄っぺらく感じたり感じなかったり?
(歌手によって違うので単に音源の問題かも)

まあ無線イヤホンって通勤通学の電車内とかで使うのが主だから、その用途をふまえると、申し分なくいい音してるんじゃないかな。

ガッチガチにいい音ほしいって人は、音源やらコードやら再生機やらあーだこーだして有線ヘッドホン買うだろうしね。

色んなジャンルの曲聞いてみましたが、一番合ってると思ったのがPOPとかロックとか、ヴォーカル・ギター・ドラムの普通のヤツ。

DTM系はなんか打ち込み画面が頭ン中で想起されて若干萎えるから、単純に“生の音”を楽しみたい時はそれ以外を勧めたい。

打ち込み画面。

(別にDTM系が悪く聞こえるってわけじゃなく、ちゃんといい音します)

まとめ

普通にいい音。
移動途中でこの音質で好きな曲聞けるなら申し分ありません。

ただ移動中の暇潰し用に買うにしてはちょっと高い感じがします。
もっと低価格でそこそこ音がいいコスパ良好の無線イヤホンもあると思うので…。

お金に余裕のある方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました