HTML5で使われないコードは本当に学ぶべきではないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どうも、河白です。

最近Twitter見てたらこんなツイートが。

リプライ見ると
「古代文字?ゾッとする」
のヤベー教科書派と
「基礎を学ぶべきだから別に」
の教科書擁護派の2パターンが見られました。

その後の投稿主のツイートで

…とあったので、これは完全に教科書が悪いです!
はい、終わり!解決!

てことで教科書に関しては何もいうことがないんですが、これがもしHTML5じゃない昔のコードについて書かれていたら。

当然冒頭の2派に分かれると思うんで、今回は
「今の時代にHTML5で使われないコードを学ぶ必要があるか否か」
について自分の意見を書きたいかなと思います。

ぼくは専門学校でHTMLを学びました。

最初はXHTMLで、後にHTML5。

まあ当時ちょうどHTML5がメインになりつつある時代だったからそういう流れになったんだろうけど、どちらにせよぼくはまずXHTMLから入るべきだと思います。

中学・高校の情報だとなおさらね。

主流コードを学ぶべきと主張する人たちは、たぶんwebクリエイターとかデザイナーの職の人・もしくは目指している人だと思います。

確かに現場ではHTML5がメインだし、なんならbootstrapが共通言語みたいなとこありますからね。
そういう職の友人がいるのでよくわかります。

でもweb業界ってもそんな狭い世界じゃないんですよ。

例えば自社サイトの運営だったり、ECサイト管理だったり、色々あるわけです。
依頼が来てページ作って納品…のIT企業だけがweb業界じゃありません。

自社サイト…自分の通っていた小学・中学校のHPが分かりやすいですかね。
多分クッソ古いコード使ってたり、下手したらいまだにFlashバリバリ使ってるかも。

EC…HTML5やCSSすらまともに使えないモールサイトがたくさんあります。

将来どんな仕事に着くかわからない状態でHTML5しか知らないというのはだいぶキツイと思います。
HTML5からXHTML勉強するのしんどいですけど、XHTMLからHTML5は楽ですからね。

あと、時代が変わってHTML5にしなきゃいけなくなるとしても、現状の編集技術は持ってないと社内の編集者同士でかなりのラグが生じます。
共通言語は大事ですよ。

結論。

流石にブラウザがHTML5に完全移行したらアレですが、今は別に古いコード技術学んでもいいんじゃねえのって思います。

おわり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す