最近ハマっているフォントの話【貂明朝】

デザイン

どうも、フォント大好き太郎の河白です。

フォントってよーく見ると個性がちゃんとあって、すごく萌えるんですよね…。

単純に「かっこいい」か「ダサい」かだけじゃなく、性格というか人格というか…。
擬人化本だしたら売れそう。てか、もうありそう。

今回は「貂明朝」というフォントを中心に、ぼくが最近ハマっているフォントを紹介しようかなと思いま。

(つまり、最近ネタがない)

フォントは大きく分けて3種類ある

まずはフォントについて。

フォントの種類は大きく分けて
「セリフ体」「サンセリフ体」「デザイン書体」
の3種類に分けられます。

1つ目の「セリフ体」。

「セリフ」というのは、文字の線の端にある装飾のこと。
和文フォントでいうところの、「うろこ」のことですね。

2つ目の「サンセリフ」は、「セリフがない」という意味なので、ゴシック体のことを指します。

3つ目の「デザイン書体」は、このどちらにも属さないと言うか、ゴリゴリの装飾用の文字です。

ま、あくまで大まかに分けたらこうなるってだけなので、サンセリフ体っぽいセリフ体とか色々あります。

フォントの「特徴」とは?

フォントの特徴は、曲線であったり線の太さであったり、全体的の造形や空間の使い方などで決まります。

例えば、上の「MS P明朝」と「游明朝」の「あ」という文字を比べてみると、MS P明朝は左に重心があり、空間も広めです。
3画目のハライが、3画目曲線部と2画目の下とほぼ平行線上にあるのも特徴的です。

一方、游明朝は重心がほぼ中心にあり、文字中の空間はMS P明朝と比べてやや狭め。
3画目のハライは、2画目下の延長線上にあります。

どちらもWindowデフォルトフォントですが、1つの文字をとってもこんなに違いがあるんです。

和文フォントで言うと、「あ」「お」「か」「の」「わ」・「タ」「ル」「ワ」・「永」「戸」が違いが出やすいかな~と思います。
個人的には、ですが。

英字は「C」「D」「G」「J」「K」「M」「Q」「R」「S」「W」かな?

最近ハマっているフォント

個人的によく使う・昔からすごく好きなフォントは色々ありますが、当記事では最近ハマっているフォントを紹介します。

比較のために、多くの人が使っているであろうWindowsの「MS P」シリーズを、同じフォントサイズで右側に載せています。

英字フォントは何のフォントが一般的かよくわからんかったので、「Arial」というフォントと比較しています。

Arialは「Helvetica」という、デザイナーなら必ず一度は使ったことのある超キレイなサンセリフ体の英字フォントをもとに作られました。

しかし、一般的にはHelveticaの下位互換扱いされていて、日本ではどうか分かりませんが、英語圏でデザイナーがArialを使うと、「Helveticaすら買わないド素人デザイナー」と嘲笑されるとか…(ほんまかへ)。

ただ、フォントデザイン的にはHelveticaより文章系に向いているらしく、また、HelveticaはMacにしか入っていませんがArialはWindowsでも標準で入っているので、サイトのフォント指定の最基盤にArialを指定することが多いです。

…閑話休題、てことで早速ぼくが最近ハマっているフォントを紹介します。

和文フォント

貂明朝

まずは当記事メインの「貂明朝」(てんみんちょう)。

Adobeタイプデザイナーの西塚涼子さんがデザインした、Adobeオリジナルフォントです。

分類は明朝体ですがカッチリした感じではなく、上品というか、妖艶と言うか、しなやかな見た目。

MS P明朝と比べると分かりやすいのですが、明朝体の「トメ」とか「ハライ」って、普通は先が尖っているもんですが、貂明朝は全体的に角がまるっこくデザインされています。

ここが貂明朝のかわいい部分なんですが、こやつはかわいいだけじゃない!

かな文字を見ればわかりますが、筆の流れるような形をしていて、かな文字独自の美しさが見えます。

調べてみると、江戸時代の瓦版印刷にある運筆の特徴を、デザインに取り入れたそうです。
なるほど。

思春期半ばの、大人でも子供でもない、かわいさと大人っぽさが入り交じる、和風美少女…そんなイメージ。
要は「かわいい」と「美しい」がうまく合わさったフォント、そういうことです。

明朝体と言えど、ここまで来るとデザイン書体よりだと思います。
可読性が低いので長文章には向きません。

タイトルとか、ロゴとかにはすごく合います。

余談ですが、この貂明朝は文字だけでなく独自の絵文字を実装しています。

和風デザインを作るときに、ちょっとしたアクセントとしてすごく重宝します。

しかもかわいい…。エモい。

この貂明朝は、Adobe CCのAdobe Fonts(旧:Type Kit)から落とせます。
つまり有料。

Adobe FontsはAdobe CCの有償プランに入っていると、単体アプリの契約でも自由に使えるそうです。

Type KitのときはType Kit単体のプランがあったような…。

ま、既にAdobe CCプランに入っている人や、これから登録しようと思っている方は、ぜひ使ってみてくだされ。

游ゴシック

游(ゆう)ゴシックは、2008年に字游工房から販売されたフォントで、今ではWindowsとMacに実装されています。

ぼくの中で、和文のゴシック体といえば「ヒラギノ角ゴシック」最強!でしたが、今では游ゴシック信者です。

何がいいって、ヒラギノ角ゴは基本はMacでしか見れませんが、游ゴシックはWindosでもMacでも表示されます。

しかも、フォント自体もすごくキレイなので、困ったら游ゴシック!…というぐらい使いまくってます。

Webはもちろん、紙媒体でもキレイなので神です。神。

弱点をあげるならば、線が若干細いんですよね。

丁度いい太さのファミリーが無いと、他のフォントを使わざるを得ません。

あと、そのままサイトにフォント指定すると、ほっそいしかすれてるし、訳分からんことになるので、フォントの種類だけでなく太さまで指定しなければいけません。
そこが若干面倒くさい程度かな…。

webでも紙でも綺麗だしタイトルにも文章にも使えるしで、汎用性はバツグンに高いです。

游ゴシックは上記にも書いたとおり、WindowsとMacにデフォルトで入っているので、誰でも使うことができます。
(うろ覚えですが、確かWindows10とMac OS X~だったような…)

あ、「游明朝」もキレイなのでこちらもオススメでっす。

出島明朝

どことなくレトロ感を醸し出しているフォント、出島(でじま)明朝です。

横線が縦線と同じくらい太いのが特徴的です。
「ハライ」がキリッとしている一方、ウロコが丸みを帯びていてちょびっとかわいさも見えます。

このフォントも貂明朝同様に、どちらかと言うとデザイン書体よりかなぁと個人的には思います。

でも、文章に使っても可読性が悪い…と言うほど読みづらくはないです。
(長文はちと難しいかもしれんが…)

やっぱりこの見た目なので、和風のデザインでは大活躍しますがそれ以外の出番がないのがアレです。
ぼくのデザインセンスがないだけかもしれません。使い所が難しい。

出島明朝はフリーフォントです。
誰でも使えるので、ぜひ落としてみては?

英字フォント

Acumin

Adobeのタイプデザイナーのロバート・スリムバックさんがデザインした、Acumin(アキュミン)というサンセリフ体。

よく「読むためのHelvetica」というコメントを目にするほど、Helveticaに似ていて、それでも読みやすい=可読性が高いので、ぼくは英字ゴシックで文字入れる時は大体Acuminを使います。

そして、このフォントのすごいところは何と言ってもバリエーションの豊富さです。

太さの違いや斜体、縦長などなど、全90種あります。すげぇ。

文章からロゴまで、バリエーションを駆使すれば何にでも使えます。

ただ、このフォントはデザイナーから分かるとおり、Adobe Fontで配信されているものです。有料!

Gill sans

Gill Sans(ギルサン)は、リック・ギルが1927年ごろに制作した、サンセリフ体です。歴史がありますねぇ。

シンプルで幾何的な美しさがあります。
そういう意味では、Futura(フーツラ)というフォントと系統が似ています。

ただ、Heavy(超太字)までくるとカジュアルというかポップな感じになります。

「J」と「W」を見てみると、「J」はぼんやり見ると「I」と見間違えそうなほど下が跳ねておらず、「W」は占有面積が他の文字と比べて広いですよね。
可読性はあんましよろしくなさそう。

海外企業のロゴとかではよく見ますが、文章となると見る機会が殆どありません。
ぼく自身も、ロゴや見出し程度でしか使わないです。

Gill Sans NovaはWindowsアプリから無料でダウンロードできます。
お手軽です。

おまけ

Ricty

Ricty(リクティ)というフォントは、プログラム用フォントです。

等幅(和文は1、英数字は0.5の幅で統一したもの)でデザインされており、文字の区別がつきやすいように作られています。

ぼくはDreamWeaverに設定して愛用しています。

フリーフォントなので、「デフォルトのフォントじゃコード読みづらいよぉ~~~~」という方は一度お試しを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました