街づくりゲーム「Cities:Skylines」が面白いぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

せろりんでーす。都市開発シミュレーションゲームCities:Skylinesを買いました。

当サイトはおれ・せろりんと河白くんの2人で更新しているんですが、河白くんが(珍しく)当サイトに投稿した記事を読んでおれもやってみたくなったのでPC版のシティーズスカイラインズを購入して何週間か遊んでみました。

おれはほとんどゲームをやらないんですが、これは楽しいので最近はアホみたいにプレイしています。ただしそこまでやりこんでいるわけでもありません。不正確な情報も多いと思うのであんまり真に受けないでほしいんですが、どんな感じなのか感想を書いていこうと思います。

↓河白くんの記事(河白くん!新しい記事を書こう!)

シティスカは渋滞との戦い

シティスカことシティーズスカイラインズはシムシティみたいな都市開発ゲームなんですが、適当にやっていると一発で渋滞が発生するのが特徴です。ただし真面目にやっても渋滞します。かなりシビアです。

ゲームの住人にヒトのココロは無いので渋滞が発生してもほっとけばいいじゃんと思うかもしれませんが(同感です)、渋滞が発生するとゴミ収集車が機能せず住人が出ていったり、消防車が現場にたどり着けず家が燃えたりと地獄みたいになって街が崩壊します。

わりと自由度が高いのでいろいろな遊び方ができるゲームですが、いかに交通を整備して渋滞を減らすかが鍵になってきます。

たとえばこれ、高速道路を横切る橋で大渋滞が発生しています。リアル同様、橋では渋滞が発生しがちです。ただし橋じゃなくてもすぐに渋滞します。この場合、渋滞を解消しようとして他にも橋を大量に作ったんですが結局解消できていません。

さて人口が9万人を越えた街にはメガロポリスという最上級の称号が与えられるので初心者はとりあえず街をメガロポリスにすることを目標にするんですが、この街は一応人口が9万を越えています。でも渋滞を解消しているうちに街がぐちゃぐちゃになってしまってやる気が無くなったのでもういじっていません。渋滞対策をしながら景観をととのえるのはとても難しいです。

強力な渋滞解消方法としてラウンドアバウト(ロータリー)を作るというのがあります。まともにやっているとラウンドアバウトだらけになって訳わからなくなります。

街のつくりかた

まず川から上水を組み上げる設備と川に下水を垂れ流す設備を整備します。

下水は垂れ流しなので、上水組み上げ設備より上流に下水の排水管を作ってしまうと、下水が混ざった水を水道管に流すことになり住人が病気で死にます。

次に発電所と送電線を整備します。発電は風力とか水力とか原子力とか一通り揃ってます。

このゲームの住民にはヒトのココロが無いので、ちゃんと電力網を整備しないと電気が通っていないところに勝手に家を建てて勝手に出ていく謎の人間が発生します。

あとはゴミ処理場、火葬場、病院、公園、警察署、消防署、学校などを各所に設置すればバッチリです。そういう重要な施設は交通の流れが良いところに設置しないと渋滞に巻き込まれて機能しなくなります。

ちなみにこれはラウンドアバウト(ロータリー)のそばにゴミ処理場を設置しているところなんですが、ラウンドアバウトの中が救急車で渋滞していて地獄みたいになっています。

あとは道路を引けば勝手に住居や工場や商業施設が増えていきます。よい政治をやると人が増えて税収もアップ、よくない政治をやると人が減って税金も減ります。

すぐ破産するぞ!

家の上についている灰色のマークは、誰も建物を使っていないことを表しています。見渡す限り廃墟!なんだこれは、という感じなんですが、おれがこのゲームをやるとわりとこうなります。

このゲームだとよい政治をやると人が増え、悪い政治をやると人が減ります。リアルの国のようにゆるやかに減るわけではなくマジでビビるくらい急に人が減ります。短気すぎではないでしょうか。カルシウム足りてないんじゃないでしょうか。卵の殻とか食ったほうがいいスよ。

そんで人が減ると税収も減ります。そのまま現金の蓄えがなくなると電線一本たりとも引けなくなります。税収を増やそうとして税率をアップするとますます人が減っていって、いよいよどう頑張っても黒字を取り戻すことができなくなります。財政破綻です。

おれがプレイするとめっちゃ破産するんですが、ほかの人はおれほど破産しないみたいです。何故なんでしょうか。おれが下手すぎるんでしょうか。おれの経済観念が終わってるんでしょうか。

破産しまくってムカつくので最近は資金無限モードでプレイしています。資金無限は甘えみたいな風潮ありますけどやっぱりゲームも人生も資金無限が一番です、はい論破。

変な街を作ろう

おれがここ数日作っているのがこんな街です。地上は道路がゴチャゴチャしているだけで普通です。

ところが地下を見てみるとこの通り。濃い灰色が地下道です。地下に大量の高速道路を埋設してみました。地下に高速を作るのはアホみたいにカネがかかるので資金無限モードじゃないとできないことですが、これでかなり渋滞解消効果があります。

街のいたるところに高速の出入り口があって、ある程度遠くに行くためには地下の高速に乗る必要があります。そんな街はおれだったら絶対住みたくないですが、この世界の人間は最短時間で行ける経路を運転していくみたいなので、いくら道が複雑になっても問題ありません。この世界では、渋滞を起こさないことと、目的地に短時間で行けることだけが重要です。

そういえば自動運転が完全に普及すれば人間は道を覚える必要がなくなって、しかも車はもっとスピードを出せるようになります。その上で人間社会が今よりずっと物質的に豊かになって事実上資金が無限になれば大都市の形はこんな感じになるかもしれないですね(適当)

高速を地下化した変わりに、学校、警察、ゴミ処理場、火葬場、病院、消防署といった施設はすべて街の中心部に設置しています。緊急車両は高速道路で遠隔地まで駆けつけます。

重要な公共施設は本当は分散させたほうがいいんですが、この街の場合は地下の高速を使ってすぐに遠くまで駆けつけることができるので問題ありません。病院の隣に火葬場があって便利です。ゲーム的にはこんなことしてもほぼ意味ないんですが、まあ火葬場やゴミ処理場はNot In My Back Yardなので住人の気持ちになって考えればこうなってしまいますね。

あとはこうやって巨大多重ラウンドアバウトを作ってみました。このゲームを買った人はみんなこれをやる説があります。さらに地下にもう1個あります。意味は無いと思います。

あとはこんな街も作っています。正方形の道路に囲まれた区画を9個作りました。地上施設だけだったら絶対に成立しない街ですね。もちろんゲーム的にはこんな街にするメリットは一つもなく、完全に見た目だけで作っています。市民のみんな、ダメな市長ですまん!w

これも街の地下は高速道路だらけです。ドクロのマークは死体があるのに霊柩車が回収しに来ないことを表すマークで、交通がしっかりしていないと出がちです。この街の場合は道が複雑すぎて死体の回収が捗っていないのかもしれません。なかなか難しいです。

これはもちろん地上の道路をあえて適当にする舐めプなんですが、それでもある程度街として機能しているようです。地下だけでなく地上もしっかりすれば無敵かもしれないですね。

発電は下水水力発電です。この世界はエネルギー保存則みたいなのが無いので、ポンプで汲み上げた下水の位置エネルギーから、ポンプの消費電力を遥かに越える電力を生み出すことができます。これで原発2個分稼いでいます。早くエネルギーが保存されない資金無限の世界に転生したいですね。終わり。

せろりんでした。


関連記事

河白くんのシティスカ記事です
おれはめったにゲームをやらないんですがシティスカとどうぶつタワーバトルはやりますよ。

日本霜降社のTwitterをフォローして新着記事を読もう!

日本霜降社はおれ・せろりんと、そのマブである河白くんが運営するなんでもありのウェブサイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す