アニメ

夕子先輩誕生日おめでとう ひなろじマザーボードでハイエンドPCを作りました

おはようございますですわ!せろりんです。本日0617は、アニメ「ひなろじ ~from Luck & Logic~」の、みんな大好き副会長兼寮長、森ヶ谷夕子さんの誕生日です。えっ!?世界一美しいアニメ・ひなろじ ~from Luck & Logic~をご覧になったことがない!?それはまずいので直ちに視聴しましょう。1話はAmazonプライムビデオ、Youtube、ニコニコ動画等で無料公開中です。

さて6月17日は恩を花で返す日なので白のダリアを贈って日頃の感謝を伝えるのが慣例ですが、白のダリアはまだ時期じゃないことは皆様ご存知のことと思います。

そこで、ひなろじのオープニングに登場するマザーボードでハイエンドパソコンを組んでいこうと思います。

続きを読む

山梨県民がゆるキャン△の山梨ネタを解説します

せろりんです。

登場人物が山梨を中心に生活しているアニメって、おれが知る限り「イリヤの空、UFOの夏」くらいだったんですよ。そこで登場したのがゆるキャン△とかいう神アニメです。

アニメ聖地不毛の地だった山梨の民からすると、ただ舞台にしてくれただけでも土下座で感謝なんですが、それどころかゆるキャン△は、細かい山梨ネタがたくさん登場して溢れんばかりの山梨愛を感じる最高の聖地アニメです。

山梨の人口はたかだか80万ちょい。日本には1億人いるのに原作者やアニメスタッフがニヤつきながら入れた山梨ネタがたかだか80万人ちょいにしか伝わらないというのも微妙なので、県外の人にもわかるようにゆるキャンに登場する山梨ネタを解説していきます。

続きを読む

【ゆゆ式】はたして櫟井唯は本当に天才なのか?【徹底検証】

※この記事はゆゆ式OVA及び原作6巻を中心にゆゆ式のネタバレを含みます

おざぁーっす。せろりんです。

先日ゆゆ式OVA「困らせたり、困らされたり」がAmazonプライム・ビデオに追加されたんですが、ご覧になりましたか?最高なので見ていない人は直ちに見ましょう。そんでエンディングのフルが最高なので購入して聞きましょう。

OVAで二番目に良いシーンはどこなの、と聞かれたら迷う方は多いでしょう。おれが二番目に好きなシーンはと言いますと、櫟井唯が野々原ゆずこに昼食を買う一連のシーンです。

続きを読む

日常系アニメオタクがオススメ日常系アニメ36本を紹介します!

せろりんです。

世の中の日常系アニメを紹介するウェブサイトってひどい出来のものばっかりですよね。

ぜんっぜん日常系アニメを理解(ワカ)ってないような紹介だったり、お前見てないのに書いてるだろって内容だったり、そもそもお前それ絶対日常系アニメじゃねえだろってのが入ってたり、もう目を覆いたくなるような惨状です。「CLANNAD」や「艦これ」が日常系アニメだと本気で思っている人間が書いた記事が検索上位に出てくるわけです。信じられないですよね。Googleはクソ。

日常系アニメオタクの一人としてこの現状はちょっとマズいなと思います。そこで、そこそこの本数の日常系アニメを見てきたおれが日常系アニメを紹介していきます。

あとカラオケで日常系アニメの曲歌いてえなってなったときのために知ってる日常系アニメリストを作っておくという役割もあります。

今期のせろりん一押しはこれです↓

https://nihonsoukou.com/20190228/2622

続きを読む

「ゆるキャン△聖地巡礼でまちおこし」はなぜメッチャ難しいのか?

せろりんです。

ゆるキャン△ってありますよね。女子高生がゆったりキャンプを楽しむアニメです。わりと大人気で、個人的な感触としては、ごちうさの1.5倍、けいおんの半分くらい流行っているようです。

そんでおれは、1話見てこりゃすげえアニメが始まっちまったぞと思って以来、アニメを何周も見たり、自分のことを各務原なでしこだと思い込みながらカレーめんを何食も食べたり、山梨県内の聖地を巡礼したりする見事なゆるキャン△オタクと化してしまったわけです。

おれは山梨県出身なんですが、山梨が舞台のアニメってほとんど無いんですよ。弱虫ペダルやヤマノススメみたいに、キャラクターが山梨に来るアニメはいくつかあるんですが、主人公の日常生活の拠点が山梨にあるアニメって、おれが知る限りOVA「イリヤの空、UFOの夏」くらいだったんですよ。そこにゆるキャン△という、山梨のプロモーションビデオみたいな神アニメが登場してテンション上がらないわけがないですよね。山梨県民一同大変テンションが上がっています。

ゆるキャンが大人気を博している一方で、ゆるキャンの舞台の中心である峡南地域の自治体はお世辞にも活気があるとは言えません。そうなると、もちろん「ゆるキャンでまちおこししよう」といった意見が出てくるわけですが、おれとしては、今のままだとそれはちょっと難しいんじゃない?と思うんですよ。理由を書きます。

続きを読む