せろりんです。世の中の物質はザッと有機物と無機物に分けることができます。そんで、分子に炭素を含む物質は、二酸化炭素等のごく一部の物質を除いて「有機物」に分類されます。

なんで炭素だけが特別なんでしょうか?窒素や酸素やアルミではダメだったんでしょうか?

冷静に考えると、元素って120種類くらいあるのに「炭素を含む」「炭素を含まない」でジャンル分けをしちゃうのってヤバいですよね。他の119個には無い特別な何かが炭素にはあるわけです。

もちろん、世の中の物質を有機物と無機物で分けるのは、有機物と無機物で性質が大きく変わるからです。じゃあなんで炭素を含む物質は、無機物と性質が全然違うんでしょうか?

どうでもいいっちゃどうでもいいですが、謎っちゃ謎ですよね。炭素を含む物質はなぜ有機物と呼ばれるんでしょうか。理由を解説します。中学2年生くらいならギリ理解できるくらいの難度で解説しているつもりです。

続きを読む